FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独断と偏見の「泣ける感動する映画」特集。

いずれも感動の押し付けに抵抗ある人は、見ないでください。(笑)
また私は年間何百本も映画は見ませんので 映画通ではないです。
あくまでここに書いたのは 個人の泣ける感動する映画です。
期待しないでください。(エロ好きなおっさんの意見ですから...)
とりあえず思い出しただけ書いてみました。古い映画も多いです。古いタイプの人間ですわ....。

■ 「アバウト・ア・ボーイ」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id239390/
*ほんの少しなんですけど、(実は、そのほんの少しが大切...)心が暖かくなる映画
です。
     

■「素晴らしき哉、人生」1946年
 アメリカでは不朽の名作としてクリスマスにこの映画が流れるのは定番。  
 古い映画で安い放映権なのも理由ではないかといわれてます。 
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id12106/

■「三十四丁目の奇蹟」
こちらもアメリカクリスマスの定番。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id9274/

■ 「 モダン・タイムス 」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id23555/
笑いあり涙あり最後は感動。元気を与えてくれる映画です。


■「がんばれ!ベアーズ」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id5059/
*姉と映画館でポップコーン食べながら観た思い出の映画。
今見ても面白い感動の傑作。

■「愛すれど心さびしく」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id116/           
*ストーリー設定から切なすぎる。最後までせつない映画。

■「いつも心に太陽を」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id1941/
 ルルの歌がいいしシドニー・ポワチエの誠実な先生が素晴らしい。       

■「恋はデジャ・ブ」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id7378/
当時ビデオレンタル店でバイトしていた時に発見した良作。

■「ゴースト/ニューヨークの幻」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id7631/
*当時ビデオレンタル店でバイトしていた時に、入荷した「ゴースト/ニューヨー
クの幻」は今ほどネットもなく話題ではなかった(棚でも大きく扱っていなかった
)が、じわじわと口コミで広がりバイト終わりに見たらとても面白いし、ライチャ
ス・ブラザーズ の「アンチェインド・メロディ」がすごく泣けた。その後周りに
勧めた思い出があります。

■「ポネット」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id83477/
*宗教的要素な映画。4歳でママを亡くしたポネットが
ママが戻ってくることを信じて祈り続ける。

■ 「スパイダーマン2 」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id319039/
*スパイダーマン2は泣ける。

■「冒険者たち」
 http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id21214/           *

昔見た。理想的な希望と恋と友情と悲しみの映画。ぜひ一度見てください。 
レティシア(ジョアンナ・シムカス)が美しい。

■「カサブランカ」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id4450/
*ボギーは「As Time Goes」を聞きながら、毎晩グラス片手に昔の恋人
イングリット・バークマンを思って酔いつぶれている。
最初はそんな未練たらたらな男。しかし彼女が現れると
涙は見せないハードボイルドを演じる。悲しい男のストーリー。
すべてがつまった名作。
■「チャンプ」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id14716/
*これを女の子に見せて何回号泣させてきたか....。(笑)
息子の為に再起しようとする親子の物語。子役のけなげさが大きく泣かせる。

■「ティファニーで朝食を」
 http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id15072/      
*ティファニーで朝食をの雨のなかのラストが好き。
ニューヨークでリッチな男性との結婚を夢見る気まぐれな猫のような
自由なヒロインが、真実の愛にたどり着く物語。
我儘で人を愛することのできない主人公。
飼っている猫は実は彼女自身の分身みたいなもの。         
雨のなかのラスト「ムーン・リバー」が感動する。

■ 「禁じられた遊び」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id6098/
*最後の場面が悲しい映画。

■「シェーン」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id9532/
*高倉健的映画。最後の有名なシーンは、観た人の判断ですね。


■「ひとりぼっちの青春」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id19306/
*ラストが衝撃的かな。全体的に映画を見るほど重くなる。
何となく孤独な人や人生に疲れた人にはみてほしくない映画。

■「ホテル・ルワンダ」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id323478/
*1994年の事実の映画化。日本未公開であったため、ファン達が署名運動をして
ようやく映画館で公開された作品。人気俳優が出るわけでもなく話がシビアすぎ
て日本の会社が買わなかったという。
誰も関心がないアフリカの民族対立の映画に観た多くの人が涙した。

■「ミリオンダラーベイビー 」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id321698/


■「ニュー・シネマ・パラダイス劇場公開版」  
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id16981/
*誰にもある懐かしい昔の思い出、美しくて楽しかった時代。
オリジナル版見てがっかりした人は多いはず。短縮された劇場公開版
のほうが良いなんて珍しい映画。

■ 「クレイマー、クレイマー」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id6556/
*父子家庭または家族で見ると、泣けると思う。
ある意味残酷な終わり方。

■アイ・アム・サム
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id238161/
*僕はあまり泣けなかったが、主人公の親子より女性弁護士の本音を言うシーン
でホロリと来ました。大逆転を望んでいたのに、ラストは普通で無難な終わり方
がとても残念でならなかった。映画は夢と希望でいいんじゃない?
「クレイマー、クレイマー」と重複している映画。

■「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id236556/
*見る人を選ぶ映画。ゲイとハードロックに偏見がなければ良さが見える映画。
性転換手術失敗。恋愛の失敗、性差別への怒り、愛の追求。それを音楽と共に表
現した映画。ヘドウィグが美形オカマならもっと評価が高いと思う。細木数子も
絶賛していたので複雑な思いが残る。この映画には秘密がある。それは...前半で
わかったらあなたは見る目がある。ラストに感動。


■「怒りの葡萄」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id1770/
*重いテーマの映画。現在の不況の日本とも通じる映画。

■「ロッキー 」
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id25717/s0/or1
*あの音楽がなると、走りたくなる、エイドリア~ン。

■「天国から来たチャンピオン」
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/rv_1764.html              
*一目ぼれが際立つ感動のラブストーリー。

■「刑事物語1 」「刑事物語2 りんごの詩」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id148071/ 
*武田鉄也の説教臭さに抵抗がある人は嫌いかも。      

■ 「竜二 」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id148742/
*ヤクザのリアリティーみたいな映画。不器用な男の物語。     
金子正次が良い。

■「白夜行 」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id337910/
*僕の.....チンチン....が泣けると言っています


■「無法松の一生」
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id138246/
*三船 美佳の父である三船敏郎の出演版が好き。
小倉祇園太鼓をやるシーンで「暴れ打ち」を見せる松五郎は圧巻。
でも小倉の男は もう少し元気かもしれんと思った。(笑)

■「トラック野郎 男一匹桃次郎」
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id87344/rid6/p1/s0/c1/
*トラック野郎シリーズが好き。パターンはいつも一番星・桃次郎(自称、運輸省
関係の仕事をしている)が一目ぼれしたマドンナをモノにしようと奮闘する物語。
しかしいつもそのマドンナたちとの切ない別れが待っている。「男はつらいよ」
の下品版というか、くだらない版だけど、面白さとそしていつも一番星・桃次郎
の心意気が切なすぎて涙が出る。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
好奇心旺盛な福岡県民で、福岡在住。
地理的にアジアが近いということで、海外の風俗に通ったりもする。もちろん国内の風俗にも通じる男でーす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
22361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
1038位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

わ-ん
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。