FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独断と偏見の「泣ける歌」洋楽特集。

当管理人が選ぶ、独断と偏見の「泣ける歌」特集。
もうここらの曲の連続で 読み終わるころには、涙すること間違いなし!!

まあ、あくまで私の個人意見ですので、いろいろあると思いますがご了承ください。
YOUTUBEで探して見てね!! なお順番は思いつきです。
なお、海外をやると、思いつくほど、きりがないので、とりあえずってこれだけ紹介。
また涙腺の弱さは、人それぞれなのと、ここで取り上げたものも微妙な感じな曲もあるので
そこはご了承ください。

洋楽編

■アヴリル・ラヴィーン 「Why」
      
■シンディ・ローパー「All Through the Night」  
「Time after Time」「TRUE COLORS」

■バングルス 「胸いっぱいの愛」

■エリック・クラプトン 「 TEARS IN HEAVEN 」

*この曲は、息子の死を悼んで作られた歌。
エリック・クラプトンも昔は、町の市民体育館でコンサートやってたのに、今じゃドームでチケット入手困難。


■ボブ・ディラン 「天国への扉」

■マーヴィン・ゲイ「What's Going on」
*マザー、マザー....  「ベトナム戦争」の話。           

■クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル? 「Have You Seen The Rain」

*雨は、ベトナム戦争のナパーム弾のこととされたためアメリカの放送禁止曲。
(作った本人たちは否定)人体や木材などに付着し燃え盛り焼き殺すナパーム弾(油
脂焼夷弾)は、戦時中、日本の各地に大量に投下された殺戮兵器。

■Timothy B. Schmit 「So Much in Love」        

■プレイヤー「Baby Come Back」

■shakira  「Si Te Vas」「Tú」

■パーシー・スレッジ 「男が女を愛する時」

■ジェームスブラウン   「マンズ・マンズ・ワールド」

■ビリージョエル 「素顔のままで 」「Honesty」

■リンダ・ロンシュタット 「Desperado」
             
■ビートルズ 「Let It Be」「Hey Jude 」「You've Got To Hide Your Love Away」
       「The long and winding road」

■ジプシーキングス「Bamboleo」

■ ロッド・スチュワート  「セイリング」
       
■The Rolling Stones 「Fool To Cry 」「悲しみのアンジー」
            
■Patti Smith 「 Pissing In A River」

■ジョー・コッカー 「You Are So Beautiful」

■Caetano Veloso  「Cucurrucucu Paloma」
*ぜひ映画「トーク・トゥ・ハー」の中のシーン見てください。変態映画ですけど。(笑)

■Blondie 「Shayla」

■Gilbert O'Sullivan「Alone Again 」

■Olivia Newton-John  「Take Me Home, Country Roads」

■Chicago「素直になれなくて」

■ボビー・ヘブ 「Sunny」

■ reoスピードワゴン 「I Can't Fight This Feeling Anymore」

■サイモン&ガーファンクル  「サウンド・オブ・サイレンス」「コンドルは飛んでいく」  

■ バリー・マニロウ    「悲しみのマンデイ」

■メリー・ホプキン 「Those Were The Days」「goodbye」「Water, Paper & Clay」

■ショッキング・ブルー「悲しき鉄道員」

*反日バンドのショッキング・ブルーです。

■デル・シャノン「The Ventures Runaway 」

■The Cascades 「Rhythm of the Rain」
              
■マドンナ   「Crazy for You」
      

■ボブマーリー  「No Woman No Cry 」「One Love」
         「コンクリート・ジャングル」

■Clara Nunes 「Nacao (わが愛するブラジル)」 

*サンバ界の美空ひばりか都はるみと言われるクララヌネス。40歳の若さで亡く
なった伝説の歌手。ブラジルには、クララヌネス通りまであります。

■ジョルジベン「CHOVE CHUVA」

■プロコル・ハルム 「青い影」


■ホイットニー・ヒューストン 「All At Once」

■ジャニス・ジョプリン 「Summertime」「CRY BABY」

*学生時代は、学校一のブスに選ばれ、いつも孤独だったジャニス・ジョプリン。
小さな頃から「お前は不幸になる」と周りから言われ続け育った。
でもその反動なのか彼女は歌に力をそそぐ。しかし孤独な彼女は、酒や覚せい剤に頼るしかない人生を送った。自分への愛を求め、叫んだ力強さがとても切ない歌声になる。悲しき天才は27歳の孤独な死を迎えた。

■賛美歌 「Amazing Grace 」
 

■ルイ・アームストロング 「Wonderful World」 


次は、独断と偏見の「泣ける、感動する映画」でも.....。(笑)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
好奇心旺盛な福岡県民で、福岡在住。
地理的にアジアが近いということで、海外の風俗に通ったりもする。もちろん国内の風俗にも通じる男でーす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
22361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
1038位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

わ-ん
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。